オーケストラ演奏家が立っている水準こそが、あらゆる国の音楽表現芸術の一般的なレベルを決定する

カール・フレッシュ

オーケストラ奏者への督励

オーケストラ奏者が劣等感を捨てるときが来ました。オーケストラの演奏は、その国の音楽文化の一般的な水準を決定するだけでなく、音楽家にもより多くのことを求めています。ソリストはときにダイナミックさの極みで制御を欠くことがあります。私たちのピアニストの同僚のいかに多くがホフマンの忠告を無視し、トゥッティで自分の声を聴かせることに失敗したかを見てください。そして、ソリストは自分の音色にほとんど時間をかけないので、クライバーは「下手」に聞こえない人を見つけるのに苦労しました。

あなたの楽器の名演奏家たちは合奏の演奏家だったことを忘れないでください。イザイとシーザー・トムソンはビルゼのオーケストラにいました。プリムローズはNBCのために演奏しましたし、自身のカルテットも持っていました。ピアティゴルスキーはベルリンフィルの首席であり、シュタルケルもMETでそうでしたし、その後シカゴ交響楽団でもそうでした(彼の音色は決してソリストのタイプではありませんでした)。クーセヴィツキーはコントラバスのノウハウを自分のオーケストラで生かしました。 キンケイド(遠くから聞こえた場合)とタビュトーは、昔のフィラデルフィア管弦楽団の楽音と楽句を形づくりました。リフシェイとマルケッルスはセルの下でよく働きました。モーリス・アラールはパリ国立オペラで演奏しました。デニス・ブレインはフィルハーモニア管弦楽団の仕事を決してあきらめませんでした。アドルフ・ハーセスは、ナチュラルトランペットの音色を持っていたにもかかわらず、半世紀もシカゴ交響楽団の金管セクションにとどまりました。

さて、オーケストラ奏者の個人的な芸術表現を阻む最大の障害は、協奏曲がすべて訪問ソリストの手に渡ってしまうということです。そして、ソリスト、ジェット機で飛び回る指揮者、エージェントらには途方もない料金が支払われます。TKB管弦楽団ではそうではありません。私たちの目的は、オーケストラの全てのメンバーに新しい協奏曲のソロを演奏する機会を与えることです(もちろん、あなた自身のカデンツァを使って)。(Translation: Miss Chen Ziru, Kellogg College, Oxford)

Copyright © 2020 Tonkünstler-on-the-Bund · 沪ICP备20015809号

DMCA.com Protection Status